個人的に気になるものを中心にガンガン載せて行きますが、「こんな商品ないのか?」と思ったりしましたら遠慮なくコメント欄のほうにリクエストしてください。できるだけ対応させていただきます。悪戯は×ですよ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は大学3年くらいからよく本を読むようになりました。昔は読書なんてバカバカしいと思っていたのですが、一度読み始めると結構のめり込んじゃうんですよね。
最近では暇な時は、本を読む習慣がつきました。
結構いいもんですよ。雑学も増えるし。

ちょっと古い作品ですが、最近読んだ、面白かった本を紹介します。

綿矢りさ 薯
インストール」「蹴りたい背中なんかがオススメです。
高校生くらいの時の自分を思い出します。
心理描写が結構好きです。
保障しましょう。面白いです。是非、読んでみてください。

購入はamazon.co.jp
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanchaism777.blog34.fc2.com/tb.php/11-38cd5ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 小説のネタといえば愛か死だ。セカチューこと『世界の中心で愛を叫ぶ』は愛する人の死を書いた典型的な売るための小説だ。同期の芥川賞受賞者、金原ひとみの『蛇にピアス』は性と殺人という形で愛と死を語る。村上龍然り、山田詠美然り。村上春樹は少し違う気がするがでも
2005/11/11(金) 10:04:13 | a fruit knife and a boy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。